こういう教官、吊り上げるよって思いました。はい、始めるね

我々が引っ越して歯医者へ始めていうときのことです。外見を見て、言われました。芸能人みたいだねと。驚きました。そんなこと将来で言われて要所ないし、誰が見ても色男でないし、自分でもぶさ出向くだと思っているのに。でも、こうやって言ってクランケをいい気分にさせてリピーターにさせようとやるんだなあとあとになって分かりました。特に、こうしたブサイクな外見でも人柄、個人に褒められるとありがたいもんです。直感厳しくなる。それがお世辞だとわかっていても。ところがだ。ある日、隣席のクランケにも同じことを言っていました。端整な外見してますねえと。我々はとなりを振り向いてしまいました。どこが?って思ってしまいました。それで気がついたのです。そういうことねと。ほんとにこれも一種の仕事ですから、動員のやり方ですっとのですね。上手いですね。またこういう医者がはたしてとても言っているような呼び名始めるんですよ。でも、白紙ですね、こういう病舎。