出会った縁を大切にしたい 日常生活で私が大切にしている言葉

私は日常のあらゆる生活で大切にしている言葉があります。この言葉が言えるか言えないだけで印象が全く違ってきます。

言葉や身体が不自由な私は、人と接したときに「ありがとうございました」というお礼の言葉と一緒に「またよろしくお願いします」という言葉をセットで伝えるようにしています。

業種や企業によって5から8と個数が違いますが、接客用語に必ず「ありがとうございました。またよろしくお願いします」があります。 私は店舗での販売職を渡り歩いてきましたが、言葉が不自由になる前でもせっかちさが表に出て早口で滑舌が悪く言い難く横着して「ありがとうございました」だけで済ませていました。

その後言葉が不自由になって、親切に接していただいたお礼の意思表示として、今後のご縁を大切にする「またよろしくお願いします」という言い難い言葉を伝えるようになりました。

「ご縁を大切にする」という意思表示は買い物や食事に行ったお店で満足の行く買い物や食事を提供していただたお礼です。 海外や外国人には名作映画の決め台詞のように「I’ll be back」と言うと、あの頼もしい主人公のことかと信じてくれます。 また、政治家や企業のトップのように今後への公約を掲げて実現すると、一個人として好まれます。 好意を抱く女性と接するときは次のデートの内容や今後への夢を語ると一気に距離が縮まります。

「世間は広い」と言えどもまた出会うことがあるかもしれません。 今ここで親切に接していただいたのは『運命』かもしれないご縁を大切にしましょう。ミュゼ 一番安い時期