投資として考えていることとやり方について

色々と歴史を探ることが好きであり、その対象は株式市場にも及びました。そして結論になったのが株式云々の投資は流れが命、ということです。要するに何をしても儲かるような時期に買って、そのまま逃げる、ということがベストになります。当たり前ではありますが安いときに買って、高いときに売る、ということです。歴史的に何度もバブルは起きていますし、それは少なからず株式市場に対して起きているといってもよいでしょう。そして、大半の人はこれはバブルであるからいつかはじける、ということを理解しています。低い割合ですが今度は違う、と思って投資している人もいるでしょう。そのあたりはまさに個人の投資観であるといえますが、とにかく投資をする先としての株式市場というのはかなりポピュラーでもあります。ですが、投資として考えるのは要するに異常に高くなるような時期こそが最適であるといえます。そして、その前に逃げる、ということを目指すことです。aletheia 脱毛