遺伝子と細胞などについて実践をしていました

DNAなどについて勉強をしました。鎖の塩基の部分をリボソームが取りこみタンパク質が組み合わせされ、さまざまな形質が現れます。そういった、とあるインフォメーションを有するDNAの塩基部分、これがすなわち遺伝子だ。細胞が分裂する時折DNAの複写が起きます。こういう場合原料の2公式の鎖がほどけ、別を鋳型として目新しいDNAがつくられます。そのため、複写後のDNAの数字や塩基の並び方は、複写前とまったく同じになります。ただし、減数分裂では一度の複写で2回続けて分裂が芽生える結果、生殖細胞のDNAのボリューム(染色体の数字)は原料の半分になります。DNAの複写によって、どの体躯細胞の源の中にも、個体をつくるためのすべての遺伝子がふくまれることになります。世界中に生き物が現れてから現在まで、長い時間のうちに生き物はどんどんとその様式やはたらきを変化させ、また多様な生き物が現れてきました。こういう枠組みをリストラクションといいます。ずいぶん勉強になることばかりでした。