ロビーニョくらいのレベルには到達しみたいに思えたジェズス

リオオリンピックの予選リーグの第はじめ戦の対南アフリカ戦でついにエンジェルと不可思議の名を持つ選手ガブリエル・ジェズスの代表での熱演を見たのでしたが、最近彼の究極熱演画像集をみていたので、天王山が引き分けに終わった所為もあり、なんとなく肩透かしに思えました。どフリーの局面でのごっつあん行先を地位に当てて外して仕舞うところを見てると引き続きのように思えたし、ブラジルの偉大なスペシャリスト陣に近づくのは間隔の問題ではないように言えるのでした。いつまでたっても越えられみたいにないというか、頑張ってもおんなじ規準までかなみたいな感じに思えてしまうのでした。
今も熱演してるのかわかりませんが元ミランのロビーニョくらいならいただけるかもという模様でしょうか。
その天王山には相変わらずネイマールが船長符号を巻いて出てましたが、彼が船長をやりだしてからブラジルの衰えが顕著になったとも思えますし、23歳以下のグループにオーバーエージで参加してるわけで年長だし断りにくいかもしれませんが、DFのマルキーニョスにでも委ねるべきでしょう。
絶対その方がネイマールの性能はよくなると思います。 即日融資 おすすめ