遺伝子と細胞などについて実践をしていました

DNAなどについて勉強をしました。鎖の塩基の部分をリボソームが取りこみタンパク質が組み合わせされ、さまざまな形質が現れます。そういった、とあるインフォメーションを有するDNAの塩基部分、これがすなわち遺伝子だ。細胞が分裂する時折DNAの複写が起きます。こういう場合原料の2公式の鎖がほどけ、別を鋳型として目新しいDNAがつくられます。そのため、複写後のDNAの数字や塩基の並び方は、複写前とまったく同じになります。ただし、減数分裂では一度の複写で2回続けて分裂が芽生える結果、生殖細胞のDNAのボリューム(染色体の数字)は原料の半分になります。DNAの複写によって、どの体躯細胞の源の中にも、個体をつくるためのすべての遺伝子がふくまれることになります。世界中に生き物が現れてから現在まで、長い時間のうちに生き物はどんどんとその様式やはたらきを変化させ、また多様な生き物が現れてきました。こういう枠組みをリストラクションといいます。ずいぶん勉強になることばかりでした。

ミルキーは美味しいけど人によっては要注意なおやつ

「ミルキーはママの味〜」と言うCMが昔流れていましたね!実はこのミルキーを巡って私の周りでちょっとした事件が起こりました。
事の発端は私の会社の社長がお客さんから大量にミルキーをもらいお菓子大好きな社長は早速口にしました。そうしたら付けていた歯が取れてしまい一人で大騒ぎしていました。歯が取れたのが嫌だったのか大量のミルキーを私たちに押し付け皆で分けました。
家に持ち帰ると母がミルキーは歯が取れるから好きなんだけど食べられないのよね〜と言っていたので私が食べるから置いておいてといい何個か食べました。
数日後何故か母がこないだ貰ってきたミルキー美味しいよねなんて言うではありませんか!自分で歯が取れるから食べれないと言ってたし、社長の歯が取れた事件を話していたのにも関わらず…そして調子に乗った母は詰めていない方の歯で食べるから大丈夫だよと言いながらまた食べ始めてしばらくするとお約束の『あっ!なんか嫌な予感がする、固いものがミルキーについている』と言ってミルキーを出して見ると立派な銀歯がくっついていました。ついこないだ歯医者通いが終わったばかりの母はしょんぼりしていました。
ふと小さな子供が歯が生えかわりの時にぐらぐらしていたら糸で引っ張ったりペンチで抜いたりしていましたがミルキーを食べさせたら自然に取れるのではないかと思いました。いずれにせよ、ミルキーは歯が健康な方が食べるおやつですね!

こういう教官、吊り上げるよって思いました。はい、始めるね

我々が引っ越して歯医者へ始めていうときのことです。外見を見て、言われました。芸能人みたいだねと。驚きました。そんなこと将来で言われて要所ないし、誰が見ても色男でないし、自分でもぶさ出向くだと思っているのに。でも、こうやって言ってクランケをいい気分にさせてリピーターにさせようとやるんだなあとあとになって分かりました。特に、こうしたブサイクな外見でも人柄、個人に褒められるとありがたいもんです。直感厳しくなる。それがお世辞だとわかっていても。ところがだ。ある日、隣席のクランケにも同じことを言っていました。端整な外見してますねえと。我々はとなりを振り向いてしまいました。どこが?って思ってしまいました。それで気がついたのです。そういうことねと。ほんとにこれも一種の仕事ですから、動員のやり方ですっとのですね。上手いですね。またこういう医者がはたしてとても言っているような呼び名始めるんですよ。でも、白紙ですね、こういう病舎。