増えるコンビニの外国人店員さん。ひっそり元気をもらっています。

コンビニから「日本人アルバイト」がどんどん消え、代わりに外国人のアルバイトが増えている・・・こんな記事をネットで見つけました。
何でもコンビニは近年ずっと人手不足に悩まされているそうですが、募集をかけてもなかなか人が集まらず、採用コストがかさんでいること、さらにコンビニはほかの業種と比べても自給が低い傾向にあることなど複数あるようです。
そのため、どうしても外国人の方が多く採用される傾向にあるようですが、確かに家の周辺にあるコンビニでも、他の多くのコンビニでも、今どきは外国人の方が働いているのを見るのは珍しくありません。
学生さんかな?と思うような若い年齢の外国人の店員さんが「いらっしゃいませ〜」と元気よく挨拶してくれ、ニコニコしながらレジを打ってくれたり、品出しをしていたりするのを目の当たりにすると、なんだか日本人の若い人より元気も愛想もいいなあ、なんて思ってしまいます。
外国人の店員さんがコンビニに増えるのは大歓迎なのですが、それにしてもすごいなと思うのは、彼らが接客に困らないだけの日本語をすでに習得し、元気に働いているという事実です。
日本に留学している、あるいは日本人の方と結婚しているなど、いろいろ事情はあるのかもしれませんが、自分がもしいきなり外国に住むことになり、そこで何らかの職につかなければならないとしたらかなり語学の面で大変な苦労をすると思います。
仕事に使う程度の外国語は、範囲が限られているでしょうから何とかなるにしても、仕事というのは決まりきったことだけ話していればいいというものでがありません。
同僚や、お客さんとの関係を円滑にするためには雑談やイレギュラーな話題にもついていけなければいけませんし、その程度の外国語を習得するのはかなりハードルの高いことだと思います。
外国人のコンビニ店員さんたちをみて日本に来て頑張っている、偉いなあ、と思うだけでなく、語学やその他の面で日本に馴染むまで大変だったろうなあ、と思うと、また彼らを見る目が変わりそうです。
自分もいろいろ頑張らなきゃな、とひっそり元気をもらっています。エピレ 効果