投資として考えていることとやり方について

色々と歴史を探ることが好きであり、その対象は株式市場にも及びました。そして結論になったのが株式云々の投資は流れが命、ということです。要するに何をしても儲かるような時期に買って、そのまま逃げる、ということがベストになります。当たり前ではありますが安いときに買って、高いときに売る、ということです。歴史的に何度もバブルは起きていますし、それは少なからず株式市場に対して起きているといってもよいでしょう。そして、大半の人はこれはバブルであるからいつかはじける、ということを理解しています。低い割合ですが今度は違う、と思って投資している人もいるでしょう。そのあたりはまさに個人の投資観であるといえますが、とにかく投資をする先としての株式市場というのはかなりポピュラーでもあります。ですが、投資として考えるのは要するに異常に高くなるような時期こそが最適であるといえます。そして、その前に逃げる、ということを目指すことです。aletheia 脱毛

色々調べてみたらこげんなことになっちょった

ポイントサイトのタイトルにイラつく。時折アンケートがやってくるが、その大半が「あなた自身に関するアンケート」だ。何のアンケートか具体的に書いとけ!!ばかやろう!!だから大半はスルーしている。近頃は高齢化社会ということで火葬場の数が足らなくなってきている裸子というのはよく聞く話だが、都会では遺体ホテルなるビジネスが登場しているという。火葬場で処理できるまでそのホテルで遺族と一緒に暮らすとか?川崎あたりにあるらしいが、なんで葬儀会場の控室で安置しないか?まあ東京あたりだと人が多すぎて葬儀会場の安置室も満室になりそうな気もするが?ついでにその遺体はデブになりすぎないほうがいいらしい。アメリカではデブの遺体を火葬中に火事になったらしいからな。肥満すぎると脂分が多すぎて燃えすぎたとか?アメリカ人というのは極端な民族だからな。ごはんとライスは異なるものらしい。今までなんも気にしなかったが、料理業界では明らかに違ってるらしく、炊飯の途中でいったん水を捨ててまた新しい水で炊きなおすのがライスだそうだ。そうすると粘り気が失せるらしい。