株式投資をしている個人投資家は株は安く買いたい

株式投資をしている個人投資家の中には株は安く買うものだという風に考えて年初来安値に株価が下がったときに株式を購入しようと考える人もいるようです。彼らは一様に逆張りを行い、株価が元の水準まで戻ったときに利益をあげる投資方法を行なっています。
私も逆張りで投資をすることはありますがそれは先の個人投資家のような年初来安値になるような銘柄仁投資するではなく、一時的に相場が崩れてほとんどの銘柄が急落する場面での逆張りです。
この方法ですと底値では株式を購入するという考えではなく、急落した株を購入して、それが少しだけ反発したら株式を売却して利益確定するという投資です。しかし、一度相場が急落して株を買ったとしても、その後に株価が下がってしまうと、下げている中での損切りを行なうことになるので、一度の損が結構大きめになってしまいます。
ただし、そこで損切りを行なわないともっと株価が下がるかもしれないので私は機械的に損切りを行ないます。ミュゼ トラブル